削減できるというメリットもあります

*** PR ***

  • 外国為替証拠金取引初めての方が相場の勘所を理解するにはまず最初に学習を積む事が大切です。

    特に、直前に危機を察知できるようにするには失敗を積むことも重要です。

    当然、間違いをするといっても持ち直せないほど重大な損をする事は話になりません。

    取り返しが付くミスを何回も重ねる事が結果として自分の経験を増やしてくれる。

    この考えでは最初は少額で投資して、何回か小さなミスをすることをおすすめする。

    たとえば、100万円しか投資する事が出来ない場面で、考えなしで100万円を一銭も残さないでつぎ込んで売り買いすると、負けた時その後再起できなくなってしまう怖さがあります。

    それならば、たとえば10万円ずつ小分けして取引して、これでマイナスやプラスを積んだ方がマイナスを減らす手法なども身についていくはずです。

    少額で投資することの良いところは、自らの経験を増やし、マイナスをコントロールする術を身につけることにあるが同時に、売り買いの回数を繰り返す事で、偶然性を削減できるというメリットもあります。

    想定として、1回だけの注文で儲けられる可能性が5割だと考えます。

    言い換えると、同じく二分の一の確率で損が生じる危険性もあります。

    勝率5割ということは。

    五分五分の可能性で儲けられる事を言い表しています。

    ところが、全部の投資資金を注ぎ込んで1回のみの勝負をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのどちらかになってしまいます。

    このままではただ1度の丁半バクチと同じです。

    結局のところ、全てのお金を投入して1度しか取引をしないとそれだけでは損する危険性が高まります。

    そのため、資金を全額投じるのではなく、いくつかに分割して、回数を増やす事がリスク回避となります。

    そして少しずつに分割してもすべての取引で勝利する必要はない。

    と言うよりは、全て勝つことは出来ないのが本当のところです。

    勝負で肝心なのはいくら利益を上げるかです。

    勝率が2分の1でも、或いは3割でも稼ぐ事は出来ます。

    それ以上負けても損益が少しであれば、3割の勝ちの利益だけで相当儲けられます。

    そのために重要な事は、損失を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

    損失が生じたら直ちにロスカットして逆にプラスになる場面では大きく稼ぐ事が外為取引の経験の浅い方が外為取引でプラスになるための極意です。