1ドル=97.50円でナンピン買い

よくある初心者用の外為取引の書籍では「差損が生じた状況ではナンピンで平均のコストを抑える」等アドバイスしていますが現実的にはこれはかなりの危険が待ち受けています。ロスミンローヤル 効果

まずは、ナンピン買いのロジックについて簡単に説明しておこう。ヘアーリデューシングクリーム

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。ロスミンローヤル 評判

$(ドル)買いですのでドル高になれば黒字が大きくなるわけですが、反対に1ドル=95円まで円高方向に進んだとします。コンブチャクレンズ 口コミ

その状況で維持し続けたとしたら損失が回復するまでには損失分、円安に向わなければなりません。めなり 口コミ

損失は可能な限り早く取り戻したい思います。エマルジョンリムーバー

この状況を乗り切るためはじめに買ったのと同額分のドルを、1ドル95円でエントリーします。プロミス 在籍確認

そうしたら、ポジションの買い付けコストは97円50銭まで低くすることができる。エマーキット

言い換えると、半分の幅で円安が進行すれば損失を回復できます。5αSVリムーバー

こういったことがナンピンのロジックだ。ダイエット中 おやつ

このとおり、ナンピンの手法を耳にすると、「まちがいない」という風に思うが市場は簡単には上手くはいきません。

もとより、1ドル95円が下限だとということなど、なんびともわからないのである。

仮に、市場が相当の円高ドル安基調だとすると、1ドル95円では収まることなく、更に一段の円高ドル安にいくリスクは高いです。

たとえば、1ドル=97.50円でナンピン買いをした場合に95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピンをしたポジションも赤字が生じてしまいます。

それでは、一番初めに売買したドルと合わさって、差損が生じます。

例示したとおり、ナンピンは厄介です。

ならば、市場が脚本とは別の方向にさっさと進んだ場合、どのような対応でリスクを軽減すればいいのだろうか。

選べる対策は2つだけあります。

ひとつはあきらめてポジションを諦める事です。

もうひとつの選択肢としては現在、自分が保有している買いポジションを縮小することによって、改めて市場が元のようになるのをじっと待ち望む事だけです。

後ろ向きな方法だと言う投資家もいます。

だがしかし、買いポジションに差損が生まれた時、一番危険の少ない対策はこれよりいいものはありえません。

当然、理論としてはナンピン買いという考え方もありえます。

だがしかしナンピンは、自分がマイナスになっている状態で買いポジションを縮小するどころか、反対にポジションを買い増していく対策です。

この対策では、リスクを避けることなどどこをどうやっても不可能だと考えるべきです。

ナンピンをし続けられればいずれは勝てるかもしれない。

だけど、そうなる前に資金は無くなってしまいます。